仮想通貨取引でZaifを選ぶ理由

Zaifで取引できる仮想通貨について

Zaifで取引することができる仮想通貨は、国内の取引所の中では種類が多く、ビットコインとEthereumだけでなく、NEMやMONAコイン、ビットコインキャッシュの5つの仮想通貨に対応しています。

これらの通貨は、他の取引所でも購入できますが、NEMは国内ではここでしか取引されていません。それだけでなく、Zaifトークンやカウンターパーティー、PEPEキャッシュなどのトークン系の通貨にも対応しており、安値で購入できる上に価格変動が大きいところから一部の投資家に人気があります。

さらにZaifでは、現物取引を行うことができるだけでなく、信用取引を利用することが出来ます。信用取引では、高いレバレッジをかけることにより、値上げによって手に入れることができる金額が上昇する仕組みです。

ただし価格が下落すると、それだけ担保にしているお金がなくなってしまうリスクもあるので、チャートの動きが読める方に向いています。現在Zaifでは、ビットコインの信用取引が利用可能になっています。

現物取引の場合に購入した仮想通貨はウォレットに送金することが可能で、ウォレットで管理することで実際に店舗などで利用することが可能です。仮想通貨に対応している店舗はそれぞれ異なっているので、事前に調べておく必要があります。

Zaifで仮想通貨の現物取引を行う場合は、取引の際に成行注文を行うと手数料がかかるので、なるべく値段を指定する指値注文を利用して手に入れることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です