巻き爪治療を実施している施設が関内地域に多い理由

つま先に激しい痛みを感じることはありませんか。

一見すると何ら異常がないように見えますが、その痛みは爪が伸びることで皮膚に食い込んで発生している巻き爪という疾患の可能性があります。この巻き爪は男性よりも女性に多い疾患で、つま先が尖っているハイヒールを愛用されていると起こりやすいものです。この巻き爪が起こるメカニズムは、長期間、つま先を左右から圧迫することで親指の爪が内側に伸びることが原因になります。

治療をするのは外科的な処置が必要で、何度も再発するのが特徴です。巻き爪の治療は皮膚科・外科・形成外科といった医療機関で実施されており、横浜市の中心部に位置する関内地域には2020年2月現在で計120の医療機関で治療を受けることが可能です。この件数は東京都内を上回っており、国内屈指の密集率となっています。なぜ関内地域に多くの医療機関が集っているのか、その理由として挙げられるのが企業が数多く建ち並ぶ一帯で、女性の人口もそれに比例しているからです。

企業で働く女性はスーツとハイヒールというスタイルになり、必然的に長時間つま先が尖った靴で過ごす時間も増えます。巻き爪になりやすい環境下で暮らす人が多いことで治療という形の需要も多いことが関内の特色といえます。なお、一般的な医療施設だけでなく美容外科でも治療がなされているので、患者にとっては各種施設の中から自身にあっているところを選びやすいのも関内の特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *