生涯の後悔を終わらせる関内の巻き爪

初めに、巻き爪は様々な日常生活でのストレスや行動や先天性のものによって起こります。

例えば、小さい頃は経験があるかもしれない「爪噛み」です。爪噛みは自傷行為だとも考えられています。幼少期で卒業する人もいますが、中には大人になってもストレスを上手に逃がすことができずに噛み続ける人もいます。これには二つのタイプがあります。先天性、つまり遺伝によるものです。両親または片親が巻き爪であれば、爪噛みや強い衝撃を与えていなくてもなることがあります。次に後天性の、先程述べたストレスや癖によって引き起こされます。

巻き爪のメカニズムは、爪噛みの場合は爪の端が伸びてきて噛んだりむいたりしてしまい、また伸びるたびにそれを繰り返すことで益々爪が湾曲していきます。そうすると指の皮膚に爪が強く食い込んでしまい、出血したり最悪の場合は膿が溜まり手術をすることとなります。しかし巻き爪は改善することができます。まず初めに爪を噛んでしまったり剥いてしまう人はすぐに辞めることです。爪が無くなってしまった個所から細菌が侵入する恐れもあるからです。それ以上爪の湾曲を強めないためにも大事なことです。ただ、幼少からの癖はなかなか直すことが出来ません。

精神がどれだけ強くても治せない人が日本には多くいます。そこで活用するのが病院やネイルサロンです。ここで紹介するのは関内の巻き爪を専門としている医院です。地図を見てみると関内駅の周りに爪の病院は3つあります。深爪をした指を見せることはとても勇気がいることですが先生方は優しく真摯に患者と向き合い診察します。とても痛い病気で治さなければさらに進行して悪化するだけの病気です。先程紹介したように、関内には多くの爪の診察が可能な病院があるので早期に治すことが最善策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *