巻き爪を関内で治療する

脚の爪は基本的にある程度伸ばしておくことが望ましく、切る際に深爪をし過ぎると巻き爪になることがあります。

爪はただまっすぐ伸びるのではなく、ある程度カーブを描くようにして長くなります。そんな時に先端部分が爪切りの形状に合わせて鋭利な形をしていると、簡単に肉に食い込んでしまいます。そうして巻き爪に90度以上のカーブが付くことも珍しくはありません。さらにその巻き爪に拍車をかけるのは、窮屈な靴の着用です。外側からさらに無理な力が加えられることで、爪が食い込むサポートになってしまいます。

このような条件は女性のヒールによく起こりがちなので、関内でも巻き爪は女性に多く見られる症状です。しかし条件さえ満たしていれば男性でも十分になり得る可能性があります。そして一度巻き爪になってしまえば、自然と元の状態に戻すのは難しいです。そのため何らかの治療を受けなければなりません。

関内でも複数の方法が用意されていることが多く、比較的単純なのは物理的な力を加えるものです。皮膚と爪との間に余裕があれば綿などを挟み込んだり、負担のかからない爪に穴を空けて、ワイヤーで引っ張るといった方法があります。ただ症状があまりに激しい状態だと、そういった方法では改善できないかもしれません。関内のどの医院でも、手術を勧められることでしょう。皮膚に食い込んでしまっている爪の部分を根元から切り取り、伸びる段階で矯正していくという内容です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *