AEDを購入する方法

心停止を起こした人を見た時に、AEDを使う事が頭に浮かぶ人は今では少なくないのではないでしょうか。少し前までは、このようなシチュエーションにおいて人命救助を行う事は非常に難しく、心臓マッサージか救急車を呼ぶぐらいしか選択肢はなかったように思いますが、現在では様々な場所でAEDを配備しているのを見かけるようになりました。ただし実際に使うシーンに出会う事はあまり多くないので、自分が施設や建物の管理をする立場になったときに、その建物に正しい数のAEDがきちんと配備されているかを確認することを忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。AEDを配備するには、レンタルやリースという方法もありますが、初期投資だけでランニングコストがあまりかからない形で購入をするという選択肢もあります。

購入の場合はメンテンナンスを自分でやらないといけないという事がデメリットではありますが、レンタルにはそのメンテナンスの部分にかなり多くのコストを取られている事もあるので、トータル金額では購入のほうが安く済む場合が多いです。そのビルや施設に管理する人を置いていたり、自らがメンテンナンスが出来る立場なのであれば、購入を選択したほうが良いでしょう。今では設置が増えてきたAEDですので、ネット上のお店などでコストを抑えた形で消耗品や本体などを手に入れる事も可能です。まずはきちんと配備をし使える状況にすることが、人命を救う一歩になるのですから、ぜひ前向きに導入を検討してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です