AEDを購入する上でのポイント

AEDは購入よりも、レンタルおよびリースでの導入の方が全体的に多い傾向にあります。使用期限があり定期的に点検および入れ替えをしなければならないこと、毎月支払うレンタル料にメンテナンス費など各種サービスが含まれている点がメリットです。ただしレンタル・リースを利用する理由がメンテナンス付きであることだけなら、期限切れの後に行う一括買取費を加味した上で、購入代金とレンタル料の総額を比べてから選んだ方が良いでしょう。導入する際に注目しておきたいポイントとして挙げられるのが、導入プランの詳細です。

本体の駆動源であるリチウム電池や、患者の肌に当てて心電図を表示させる電極パッドは使用期限があります。多くはこの2品に加えてAED本体を収納するキャリングケースや人工呼吸用マスク、ハサミなどの付属品が付随したパックプランを提供しているため導入前にくまなくチェックしておきましょう。メンテナンスの方法と維持費についても、同様に確認すべき事項です。AEDにはセルフチェック機能があり、自動的に異常がないかチェックしています。

電源をつけなくてもチェックできる機能であり、この機能はリチウム電池が消耗するとチェック用ランプが点灯しなくなります。これらの消耗品の交換が主な維持費であり、購入時のプランに含まれているのか、ない場合は維持費の料金も調べておくことが重要です。また音声ガイダンス以外にパネル表示など視覚的に使用法が分かる、という点も大事です。耳のアイコンが付いている機種だと音声では聴き取りにくい状況に配慮しているという印であり、騒音が鳴っている環境や聴覚障害のある方でも使用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です