購入とレンタルが選べるAEDの導入

施設などにAEDを導入する事例が増えていますが、心臓に突然トラブルが起きた時に役立つ自動体外式除細動器を設置することで、救える命があります。ですが、購入するとそれなりに金額も高額になりますし迷っているという方は、購入の方法以外にもレンタルやリースを使うのも得策です。AEDは公共施設などに設置されていることが多く、これを使うことで誰にでも簡単に心室細動が原因の突然死を防ぐことができる可能性が高まります。大切な命を救える可能性を高めるためにも、AEDの設置を検討している方はレンタルか購入を選ぶことができますので予算に合った方法をお勧めします。

レンタルするのは、イニシャルコストが安くなるメリットが大きいです。導入時に数十万円かかるだけでなく、付属品などを購入するとコストがかさみますがレンタルなら、その必要はありませんしすべて借りることができます。特に、期間が限られているなら買うよりも借りるメリットが大きくなりますので、検討してみてはいかがでしょうか。価格の比較をするとレンタルの方が安いですが、長く使うならメンテナンスをしながら購入をした方が良いケースもあります。

AEDは、価格を比較してどちらの方法で導入するかを選ぶのがお勧めです。設置されていることで、救える命がありますし誰にでも簡単に使うことができる簡単なシステムですので、まずは業者に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。コストも安く、AEDを設置して安全な施設の運営ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です