AEDの購入を検討しませんか

企業や施設内に、AEDを設置するケースが増えています。駅や公共機関などはもちろん、近年は一般企業でもこの動きが見られるのです。AEDは救命処置用の医療機器で、心臓に電気ショックを与えるものとして知られています。心室細動を引き起こしている心臓に電気ショックを与えることで、正常なリズムを取り戻させることが可能です。

突然の心停止に陥った場合、3分または4分以内に脳に酸素を送らなければ何らかの障害が残る可能性があります。これに対し、救急車の到着時間平均は8分程度と言われており、早急なAEDによる処置が多くの人の生命を救っているのです。購入を考える一般企業が増加することも、不思議ではありません。AEDの導入の際にはレンタルやリースといった方法も用意されています。

購入は、長期使用してトータル費用を抑えることが出来るというメリットがありますので、決して無駄にはなりません。法人の場合、AEDの購入を行うことで節税を行うことも可能となります。メンテナンスなどの手入れなどを欠かさなければ、社員の命を守ることが出来るのです。一般的な使用限度は7年とされており、消耗品である電極パッドやバッテリーなどは、適時交換が必要となります。

担当者を決めて定期的に購入やメンテナンスを行うことが、大切なポイントとなるでしょう。方針や予算と比較・検討した上で購入を考え、メンテナンスを欠かさないようにすれば、非常に大きな安心を手にすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です