AEDは個人で購入可能

AEDは人の集まる施設にある医療機器ですが、個人でレンタルしたり購入したり身近に置くことも可能です。家族に深刻な不整脈が起こった場合、すぐに処置を行えば救急車を待つ時間も無駄にせずに済みます。AEDは購入するには資格など特段の手続きは必要ありませんが、1台20万円から35万円ほどが最初に用意することになります。その他電極パッドとバッテリーには使用期限が設けられ、ランニングコストも考えなければなりません。

電極パッドはひとつ約1万円ほどで、2年に1度の交換します。バッテリーは4年に1度の交換が必要となり、約3万5千円ほどです。機種によっても若干、価格は違ってきますが、AEDを購入する前にこれらの費用について確認しておくことが重要でしょう。購入する場所はAEDが医療機器であるため、販売する側には資格を有していなくてはいけません。

「高度管理医療機器等販売業および貸与業」という資格を持ち、販売店ではホームページなどに明記されているはずです。担当医師からAED保有が必要といわれた場合には、医療費の控除対象となります。医療費控除の対象となるためには、医師の指示・処方に基づくことを明らかにする証明書や診断書の提示を求められます。購入した後に製造会社による正しく使うために講習会や訪問サービスなどが行われ、さらに消防署にて最前線で活躍されている救急の職員から直接使い方を無料にて教えてもらえますので、ぜひ参加してください。

AEDの購入のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です