AEDを購入した後に行うべきポイント

人命救助として役立つアイテムとしてAEDがあり、特に心肺停止などの状態に対して適切に蘇生が行う事が可能です。また医療従事者だけでなく素人の方であっても、正しく安全に使用することができるので多くの場所で普及してきています。では実際にAED自体は日本では7種類が販売されており、実際に購入することが可能です。購入方法としては製造している各企業から直接購入する以外であれば、販売代理店などを利用する事も出来ます。

AED自体を大型家電販売店などでも取り扱うようになっており、より手軽に購入しやすい環境が整ってきています。実施に購入したら後の事ですが、まずは設置場所を明確にしておくという事がポイントです。看板などを設置するなどして、AEDがある事を知らせるだけでなくどこにあるかを多くの人が簡単に周知出来るようにしておくようにします。最初はただしく使用できるかどうか、使い方を学んでおくことも大切です。

実際に会社や施設などに設置するのであれば、従業員やスタッフのかた全員が同じように使用できる事が重要になります。ただしいきなり使うことになるとだれでもあわててしまうので、講習会などを開いてしっかり使えるように学んでおくようにします。いきなり次の日に使う事になる可能性がないわけではないので、しっかり安全に使用できるようにしておくとよいです。また定期的に点検を行う事も大切なので、日常的に点検スケジュールを決めるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です