大人ニキビを皮膚科で治療する

思春期だけでなく、大人になってもニキビができることがあります。最近は、大人ニキビで悩む女性が増えています。思春期は、過剰な皮脂によってニキビができるケースが多いのですが、大人ニキビの場合、乾燥やホルモンバランスの乱れでニキビができることが少なくありません。大人ニキビは、適切に治療しないと、跡が残りやすいので、できれば皮膚科に行き、皮膚科医の診断を受けてから治療した方がいいです。

皮膚科では、保険適応の薬物治療があります。軽い症状のニキビの場合は、外用薬が処方されますが、ニキビの症状によっては、ホルモン剤や抗生剤が処方されることもあります。また、病院によっては、漢方を処方してくれるところもあります。保険の適応外では、ケミカルピーリング治療や、イオン導入などの治療方法もあります。

イオン導入では、ビタミンCが有名です。ビタミンCは、皮脂の分泌をコントロールする作用があります。そのため、毛穴を詰まらせる原因となる皮脂の過剰分泌が解消できるのです。また、できてしまった炎症ニキビの改善も期待できます。

ビタミンCは、ニキビ治療だけでなく、ニキビ跡の色素沈着も薄くするので、ニキビ跡の改善にも役立ちます。ケミカルピーリングで、古い角質を剥がしてからイオン導入を行う人も多いです。ケミカルピーリングとイオン導入は、とても人気が高い治療方法です。様々な大人ニキビの治療方法の中で、どの治療方法を選ぶかは、医師と相談して決めることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です