慢性頭痛などで悩む人は頭痛外来へ

慢性頭痛などで仕事や家事などになかなか手が付かない場合は、あり得ることです。したがって、症状が出たときには市販薬の頭痛などでその後の様子を見たりあるいは我慢する人などもいることでしょう。大都市や比較的規模が大きいところでは、頭痛外来専門でやっているところが存在します。頭痛外来では、その上場に応じた処方薬であったり、病気の原因を突き止めるためにCTやMRIによる画像診断を行って、確実な病気の原因を突き止めようとするところです。

原因が分かれば対処の仕方も医師側で判断することでしょう。より症状に合わせた頭痛薬の処方や、脳に病巣があるような重大な病気の場合特に脳腫瘍やもやもや病などで、頭痛しか症状がない場合もあり得ることとされています。頭痛が長く続くことはつらいことですから、近隣で頭痛外来を標榜しているところに早めに通院して、確実な診断を受けるとともに、治療に必要な対処をしてもらうのがよいでしょう。頭痛に限ったことではありませんが、病気の治療は早期発見、早期治療です。

単なる頭痛だと思い込まずに、こうした専門で頭痛を診てもらえるところに通院することが、極めて大事なことです。かかりつけ医がいる場合で頭痛の症状が気になる場合などは、かかりつけ医に依頼してその頭痛外来を行っているところへの紹介状を書いてもらうのもよいでしょう。日頃の状態をよく知っているだけに、かかりつけ医からの紹介状で日頃の状態を迅速に伝えられるメリットも出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です