腱鞘炎はクセにならないよう要注意

腱鞘炎の原因は、手指の場合、過度の酷使によって起こります。書き物のし過ぎで罹患してしまった場合、その一切からしばらく離れ、完全休養することが肝要です。とは言っても、利き手の親指付け根など、日常生活において、使わない訳にはいかない部位であることがほとんどです。無意識に動かしてしまうことも多いですので、患部の動きを最小限に抑えるために、固定用サポーターを利用するのがお勧めです。

布製で、親指と手首のところに伸縮性のある布が使われている簡易サポーターもありますが、骨折のリハビリにも使われるような、ウレタン素材で、手首に固定してマジックテープで留めるタイプのほうが、より有効です。ドラッグストアよりも、スポーツ用品店のほうが取扱い種類が多いこともあります。まずはネット検索で『腱鞘炎固定サポーター』と入れて、自分の症状に合った種類のものを見極めてから、サイズなどを間違えないように購入してみましょう。また、腱鞘炎は意外にも、就寝中に悪化することが多いです。

眠っている間は手を使わないはずと考えがちですが、寝返りを打ったりするとき無意識に動かしたり、身体の下に敷いてしまったりで、起床後に激痛が増してしまう事態にもなりかねません。サポーターの多くは、就寝中は血流に障害を起こしてしまったり、蒸れて肌がかぶれる原因にもなってしまうので、使用してはならないものもあります。使用説明書をよく読んでおきましょう。眠っている時の保護は、テーピングが有効ですが、こちらも、肌の弱いかたは、かぶれなどに注意が必要です。

腱鞘炎は、長引かせてしまうとクセにもなりかねない疾患です。とにかく安静第一にして、早目の完治を目指してください。AEDの価格のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です