最近増えてきた指の腱鞘炎とその対処法

投稿日:

腱鞘炎とは関節を動かす腱が炎症を起こす病気です。今まではテニス肘などスポーツを原因とした肘の発症が多かったですが近年ではパソコンや携帯電話の使用し過ぎることによって指の腱鞘炎を発症することが増えています。指は骨を動かすことによって関節が動きますがそれを支えているのが腱です。腱は使用し過ぎることによって炎症を起こすほか、機械が金属疲労を起こすように使いすぎによる摩擦が原因でも痛めることがあります。

スポーツなどの場合、肘を動かすことによって痛めますが最近ではパソコンの操作が原因になることもあります。例えばマウスを左右に動かす時に肘に負担がかかり炎症が発生することがありますし、キーボードを叩くことによって指が炎症を起こすこともあります。特にキーボードを叩くの場合、親指を特定の位置に置いたまま指をメインに動かすため腱に負担をかけやすく、また多少の痛みなら無視してしまいがちのため炎症が進みやすくなっています。他にも携帯電話の操作によって腱鞘炎になるケースもあります。

携帯電話の操作は主に親指で行うため普段より親指の関節を広く使いまた負担も多くかかるため近年では携帯電話の操作が原因で腫れや痛みなどを伴う腱鞘炎になるケースが増えています。腱鞘炎を起こした場合の対象法はまず指を休めることです。よほど炎症や痛みが酷くなっていない場合は患部を安静にしているだけで自然治癒が見込まれます。また炎症を抑えるためにアイシングをすることも効果があります。

一時的に患部を冷やすことで血行を抑えて患部の炎症を抑える効果が見込まれます。十分なアイシングを行ったら湿布を貼るなどすることで痛みや腫れを和らげることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です