腱鞘炎にならないために

手を使いすぎてしまうと腱鞘炎になりやすい傾向があります。ですが、手を使いすぎることなんてあるのだろうかと疑問に思うこともあるでしょう。ですが、スポーツをしたり、また、仕事の作業などで同じ作業を続けていると、同じ動作などを繰り返してしまうことなどで、ダメージが溜まり、それが、使いすぎの状態として痛みなどの症状になるケースもあります。デスクワークなどをしている場合には、パソコンでの作業が長時間に及ぶこともあります。

そのため、キーボードやマウス操作を何時間も繰り返し、そして、それが長期間に及ぶと、指が痛くなったり、手首などに痛み、また、筋肉の張りなどが出てき始め、痛み、しびれなどにより悪化してしまうと、腱鞘炎の可能性が高くなります。このように腱鞘炎などによる痛みを予防するためには、できるだけ、作業時間を少なくするか、軽く筋肉をほぐしたり、シップを貼る、もしくはちょっと手がだるくなったと感じたら軽くタオルなどをぬらして冷やしてみるなど、対策をすることも大切です。痛みがでてしまい、その痛みが慢性化してしまうと、生活に支障がでてしまうことがあるため、痛みなどの症状が出る前に、対策をきちんと行うことが大切です。また、痛みがでないように、長時間の作業の場合には、合間に休憩を入れて、少し筋肉を休ませることも重要だといえるでしょう。

ひたすら指や腕を酷使してしまわないように、定期的に休憩をはさみ、ある程度休めることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です