腱鞘炎の治療方法とケア

普段から定期的に道具を使ったスポーツをされる方や仕事で書くことやパソコンを使う方に多く見受けられる症状の一つとして腱鞘炎が挙げられます。腱鞘炎はしっかり治療を行わないと痛みが改善されない為、しっかり整形外科や整骨院での治療と自らのケアが重要になると考えられます。腱鞘炎の治療方法には主に痛みの部分に電気を流す治療の他に鍼治療が効果的とされています。定期的に整骨院に通える方は電気で治していく事も可能ですが、仕事やスポーツの関係で早く改善をしていきたいと考える方は鍼を扱うクリニックで治す事が効果的です。

鍼は直接痛みの出るツボを刺激するので2~3回の通院で痛みのない状態を得ることが可能になります。また腱鞘炎の症状を少しでも和らげたり、悪化させないためにも自らのケアをあわせて行うことでより良い状態を得ることが可能になります。ケアの一つ目として痛みの部分を使いすぎないことです。仕事やスポーツでどうしても使う必要がある場合はサポーターやテーピングなどで部位を固定することで痛みを軽減させることが出来ます。

サポーターやテーピングは薬局でも取り扱っており、毎日使えるので日々ケアを行うことが重要です。次に痛みの部分は最後にアイシングすることです。痛い部分をそのままにすると悪化する原因を作るため、腱鞘炎の部分を十分に冷やしてケアを行うことがより改善に近づく事が出来ます。以上より、今後も痛みなく快適に過ごすためにも日頃からケアを行うことが大切になると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です