AEDはリースならメンテナンス付きでおすすめ

AEDは心肺蘇生するために、心臓マッサージと人工呼吸だけではたりないということもありますし、救急車が到着するまでに利用して何とか生存率を高めたいという時に大活躍するマシンです。今は学校や公共の施設だけではなく、ショッピングモールなどの商業施設であったり、工場など様々な所に設置されています。マンションなどの住宅施設にも管理組合であったり事前に管理会社が導入しているというケースも多くみられるようになっていますし、これから導入を検討する場合はAEDはリースと購入と大きく分けると2つありますので検討してみて下さい。まず第一に購入すればそれは自分達の物になります。

よってそれ以上かかるとすれば、消耗品を定期的に交換するときに部品代がかかる事やメンテナンスを業者に依頼したときにかかるというぐらいです。AEDをリースした場合は、支払いは月額制というスタイルがほとんどで、それは借りている間ずっと続きます。途中で値段が上がるということも想定されます。しかしその分メンテナンスは一任することが出来ますし、部品交換も任せられますので安心です。

故障していて使えないということはまずなくなりますので、リースのメリットは安心感というところに大きく関係してくるでしょう。月額制であっても、トータルするとリースの方が高くはなりますが、メンテナンスの事を考えると圧倒的に安心して使うことが出来るという点をみるとメリットは大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です