AEDは購入とリースの2種類あります

目の前で人が急に倒れてしまった、あるいは交通事故にあってしまったという時にそれを目撃した人のほとんどはパニックになって応急処置を施すのをためらってしまいます。しかし、意識がなくなり心肺停止状態が長く続けば生存率は低くなってしまいますし後遺症などが残ってしまいますので、ためらわずにできるだけ早く応急処置を施す必要があります。では、そんな時に何が役に立つのでしょうか?それは、AED装置です。心臓マッサージは医療に携わっている人や救急講習を受けている人などですと、頭の片隅に知識としてあるかもしれませんが、全くの素人の方ですと心臓マッサージは難しいといえます。

しかし、AED装置があるなら素人の方でも素早く行うことが出来ます。AEDが指示する通りに落ち着いて操作するなら簡単に行うことが出来ます。AEDは購入とリースの2種類ありますが、購入は安ければ2万円台からあります。リースの場合ですと種類などによって異なりますが毎月3000円程度でリースできる商品もあります。

また、リース会社が正しい使い方の講習を開いてくれたり、メンテナンスを行ってくれることもありますので、使用する前に正しい使い方を知っておくならより一層落ち着いて使用できます。AEDを置いていることで、人の命が救われた、あるいは後遺症が少なくてすみ元気に回復できたという事例はとても多くありますので、ぜひ早めにAEDの設置を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です