頭痛にお悩みなら頭痛外来を受診しましょう

肩こりからくる緊張型頭痛や女性に多い偏頭痛ですが、最近は頭痛外来のある病院も増えてきています。以前は頭痛は病気として扱われていない症状の一つでした。頭痛持ちの人は、ひどい場合には嘔吐や寝込む場合もあり、仕事や家事も手につかない状態になる大変つらいものですが、周囲の理解を得られないことも多かったのです。しかし、頭痛を繰り返すことにより将来命に関わる病気に発展することも考えられるようになり、世間一般でも病気として認められつつあります。

特につらい偏頭痛で悩んでいる人は早めに頭痛外来を受診しましょう。もし近くの病院に頭痛外来がない場合には、神経内科のある病院でもかまいません。CTやMRIなどの検査の結果により専門の医師が診断してくれるでしょう。偏頭痛持ちの人は、市販の薬では痛みが抑えられなくなっている人もいます。

市販薬は頭痛そのものを抑える薬ではありません。痛みを抑える薬なので、生理痛や腰痛などほかの痛みにも効果が得られるようになっているはずです。しかし病院で処方される頭痛薬は、頭痛そのものを抑える薬なので痛みを消すことができるのです。偏頭痛の薬はほかの薬に比べると、保険がきいても値段が高く、支払いが高額になることが多かったのですが、後発性の薬が認可されてから、新薬の半分程度の値段ですむようになりました。

月に数回頭痛が起きる人や発作が出たらひどく痛みに悩まされる人は、ぜひ一度、頭痛外来を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です